現場ブログ | 外壁塗装・屋根塗装の専門店!塗り替えは丸太工房へ!お任せください!

株式会社丸太工房

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 塗装に関するお問い合わせは

    078-907-5377

  • 無料見積り受付中

現場ブログNews

神戸市灘区 ハイツ外壁塗装

本日、4月5日はヘアカットの日です。

 

1872(明治5)年のこの日、東京府が

 

女子の断髪禁止令を出しました。

 

前年に散髪、脱刀が許可されましたが、

 

これを受けて断髪をする女性が続出したため

 

男性に限って許可した断髪を女性が、

 

真似てはならないとする禁止令を配布しました。

 

今と違って昔は本当に厳しかったようで、

 

今はまだ自由があることに感謝ですね!

 

神戸市灘区のハイツの下塗り塗装です。

 

下塗りには、アステックペイントの

 

ホワイトフィラーAを使用です。

 

こちらは微弾性フィラーで、下地の凹凸を

 

ならし、下地を調整する塗料です。

 

一方、下地への吸い込みむらを防いだり、

 

塗装むらを防いだり、上塗り塗料と塗装面の

 

密着具合を良くしたりする塗料をシーラーと

 

言いますが、このシーラーとフィラーの

 

機能を兼ね備えたものが微弾性フィラーに

 

なります。

 

今回は、マスチックローラーを使用し、

 

パターンを付けていきます。

 

かなり大変な作業で、とても重要な作業になります。

 

 

 

 

 

マスチックは継目が出やすく、足場の上下で

 

同じように凹凸を付けていきますので、

 

かなり難しい作業になります。

 

普段のローラーで塗装する施工方法とは、

 

まったく違う感じになります。

 

 

 

 

 

 

先日、こちらでご紹介しました、下地補修の

 

箇所にも同じようにパターンをつけます。

 

 

 

下塗りが完了後に中塗りとなりますが、

 

建物が大きく、まだ、下塗りの作業が続きそうです。

 

また、こちらで、パターンについては詳しく

 

説明させて頂こうと思っております。

 

外壁塗装!屋根塗装!の専門店!

 

塗装は丸太工房にお任せください!

 

 

 

 

 

 

2021.04.05